紅葉情報

絶景が広がる錦秋の志賀高原で紅葉を満喫
信州を代表する紅葉の名所として知られる志賀高原。
秋の訪れは早く、例年9月下旬から標高の高い横手山(2307m)より色づき始め、次第に紅葉前線が山を降りていきます。
ナナカマドやダケカンバ、カエデ、ミズナラ、ヤマウルシなどの広葉樹から、高原のカラマツ、シラカバまで様々な樹種が広がり、鮮やかな紅葉のグラデーションはため息が出るほどの美しさ。
山全体が色付く様子はまさにジオラマの錦絵のようで、自然の力の素晴らしさを教えてくれます。
標高2307mの横手山山頂から標高1500mの蓮池や丸池まで高低差があるので、長期間にわたって紅葉を楽しめるの魅力。
高原全体が見ごろを迎えるのは10月上旬頃で、木戸池や蓮池、ビワ池、丸池、一沼といった湖沼には紅葉が湖面に映り込み、多くのカメラマンが風が止むのを待ちわびる姿は、秋の志賀高原の風物詩ともいえます。
見頃は例年10月下旬まで。
早い年では10月中旬に初雪が観測され、11月には積雪となりウインターシーズンの幕開けです。

*下記でご紹介させていただいております写真は過去に撮影されたものです。イメージとしてご鑑賞ください。
当ページ内の画像は一切の転載・使用を固く禁じます。

紅葉見頃状況(2021/11/13)

見頃図

紅葉見取り図
  • 青葉=見頃前で、まったく又はほとんど紅葉していない。
  • 色付き始め=見頃前で、一部が紅葉しかけている状態。
  • 見頃=ほぼ全体的に紅葉している状態。
  • 色あせ始め=見頃を過ぎ、紅葉が色あせ始めている状態。
  • 落葉=見頃を過ぎ、大部分が落葉となってしまった状態。

01

澗満滝(かんまんだき)の画像
澗満滝(かんまんだき)の画像
澗満滝(かんまんだき)の画像

落葉

澗満滝(かんまんだき)

国道292号線(通称:志賀草津高原ルート)沿いにある澗満滝展望台駐車場から徒歩2分で展望台へ。落差107mは日本第7位の滝です。澗満滝を撮影される際は西日が差す時間帯がお勧めです。

02

琵琶池・丸池・蓮池の画像
琵琶池・丸池・蓮池の画像
琵琶池・丸池・蓮池の画像

落葉

琵琶池・丸池・蓮池

標高1400~1500m付近の琵琶池・丸池・蓮池付近は例年10月10日前後が見ごろを迎えます。

03

奥志賀高原(雑魚川) 付近の画像
奥志賀高原(雑魚川) 付近の画像
奥志賀高原(雑魚川) 付近の画像

落葉

奥志賀高原(雑魚川) 付近

志賀高原の中で一番奥(北)に位置する奥志賀高原。雑魚川は志賀高原岩菅山を源流とし、志賀高原から栄村 秋山郷まで流れる河川です。紅葉時期の奥志賀高原林道は絶景のドライブコースです。

04

一沼の画像
一沼の画像
一沼の画像

落葉

一沼

志賀高原の入口にある池として知られている一沼は、昔は草津街道を行き交う人達や牛馬の水飲み場でした。標高1400mに位置しますが、紅く色づくウルシやカエデが紅葉シーズンの訪れを教えてくれるかのように一足早く見頃を迎えます。

05

木戸池・田ノ原湿原の画像
木戸池・田ノ原湿原の画像
木戸池・田ノ原湿原の画像

落葉

木戸池・田ノ原湿原

木戸池は、白樺やダケカンバに囲まれた透明度の高い澄んだ池。湖面に映る紅葉はまさに自然の美!

06

四十八池・大沼池の画像
四十八池・大沼池の画像
四十八池・大沼池の画像

落葉

四十八池・大沼池

コバルトブルーまたはエメラルドグリーンに輝く大沼池は、志賀高原で最も大きな湖沼。 志賀山からの溶岩流で川がせき止められて誕生しました。

07

熊の湯・笠ヶ岳(笠岳)・平床の画像
熊の湯・笠ヶ岳(笠岳)・平床の画像
熊の湯・笠ヶ岳(笠岳)・平床の画像

落葉

熊の湯・笠ヶ岳(笠岳)・平床

笠ヶ岳・笠岳とも呼ばれる志賀高原の鋭鋒。 国土地理院などの地形図では「笠ヶ岳」、地元では「笠岳」と呼ばれ、熊の湯方面からは鋭く尖って見え平床からは丸くみえる。

08

横手山・渋峠の画像
横手山・渋峠の画像
横手山・渋峠の画像

落葉

横手山・渋峠

標高2307mの横手山から志賀高原の紅葉を迎えます。国道最高地点の「志賀草津高原ルート」からの眺望は絶景です。

紅葉狩りお勧めハイキングコース

秋澄の空の下、美味しい空気と色づく紅葉を楽しめるハインキングコース例です。
トレッキングと紅葉を楽しみながらリフレッシュしてみてはいかがでしょうか?
志賀高原トレッキングマップ

志賀高原ガイド組合ガイドトレッキングのご案内

紅葉の中のトレッキングもおすすめです。志賀高原ガイド組合のガイドトレッキングでお楽しみください。
志賀高原ガイドトレッキング

PAGE TOP

志賀高原へ
お越しいただく皆様へ

みんなを守る。みんなで守る。感染予防対策(検温・マスク・手洗い・ソーシャルディスタンス)

志賀高原にお越しいただく皆さまには、信州版「新たな旅のすゝめ」 「新しい旅のエチケット」をご覧いただき、感染予防にご留意いただきながら、信州での観光や滞在をお楽しみください。 志賀高原の各施設の取り組みとお越しいただく皆さまへのお願いは下記ページよりご確認ください。